簡単バストアップ方法DVD

MENU

お洒落テクニック 柄の選び方

 

柄の中でも最も効果的ななのがストライプ。
縦横どちらのストライプでもかまいませんが、
ストライプの幅が細ければ細いほど、バストラインは
立体感を持った美しいものとなります。
特に、黄色地に黒のストライプのようなパンチの効いた配色に
するとか、紺地に白のストライプのようなコントラストをはっきり
させた配色にすると、一層美しいバストラインを演出することが
できます。しかし、このストライプは少しばかり注意が必要です。
ストライプはあまりにも微妙なラインまでも表現してしまうので、
ある程度バストにボリュームがない場合には、逆効果を招く
ことになってしまうからです。

 

その点、水玉プリントやチェックは無難です。
バストラインはあまり強調せず、視線を分散する効果が
あるので、安心して着れます。この場合も、色はコントラストの
はっきりしたものが理想的です。また花柄にするときは柄を大きく
しますが、自分の体との調和を図ることを忘れないようにしましょう。

 

 

お洒落テクニック デザインの研究

 

バストを美しく見せるには、デザインも重要です。
自分のバストに合わせて、デザインも工夫したいものです。
なかでも、えりぐりが最も大切です。
シャープなV字カットは個性的な色を選べば一段と引き立ちます。
やさしいを演出する丸ヨークはネックレスなどでアクセントを
つけるのも大切です。

 

自分の個性に合ったデザインを選びたいものですが、
いずれにしても、胸元を適度に開けると、いっそう美しい
バストラインを演出できます。
また、バストにどうしても自信がないというときは、胸元に
フリルをつけるのも一手。ボリュームが出てきます。レース地のギャザー
なんてのは最高です。バストを豊かに表現することができます。

 

ブラウスやジャケットなら、肩のデザインも大切です。
できるなら、パッドの入ったものを選ぶようにしましょう。
ジャケットの場合、特に注意しなければならないのは、
ラグランスリープを選ばないことです。ラグランスリープは、
上半身の比較的豊かな人向きで、ボリュームの無い人が
着ると、いっそう細く薄く見せてしまいます。

 

 

 

バスト演出のテクニック「着こなしの研究」
続きははこちら